借金の問題を解決するための方法として債務整理があります。こちらは主に弁護士に依頼をして手続きをしてもらい、借金を減額したり、免除してもらうことができるのです。自己破産や任意整理、過払い金請求、民事再生といった方法があります。

頭抱える自己破産というのは財産がなくて支払いができないことを裁判所に認めてもらい、それによって借金の支払義務を免除してもらうことです。その結果さまざまなデメリットもあるのですが、借金をなしにできるため最終手段として選択する方が多いです。

民事再生というのは裁判所に認めてもらうことによって、3年から5年かけて借金を返済していくことです。借金は減額されます。こちらは自己破産とは異なり財産は維持できるというメリットがあります。

任意整理とは裁判所を介さずに相手と交渉をして、借金を減らしてもらったり、金利を引き直してもらうことです。こちらは弁護士に依頼をして交渉してもらうのが普通です。デメリットの少ない方法となっています。

過払い金請求というのは本来支払う必要のない分までお金を払っていた場合に、その分を返還してもらうという方法です。この手続きをすることによって、お金が戻ってくるため、借金返済が楽になるでしょう。